top of page
検索
  • 堀川 奨

体重計の役割を再評価しましょう

体重計が示す数字に一喜一憂しない、ということは多くの方が考えていると思います☝️


でもまず重要なのは、その方自身が「体重計を見ることについてどう感じるか」を知ることです


ダイエットをしているのに望む体重に近づいている気がしない、などと感じている場合、「どうせ食事を制限しても意味がない」といったように諦める傾向が強くなりがちです


体重計に乗ることがネガティブな気分にさせてしまう場合は、他の指標でダイエットを評価することを考えなければなりません


例えば服のフィット感の変化や、関節の痛みが少なくなったかどうか、睡眠の質は良くなったか、運動しやすくなったかなどです😉


さらに、コレステロール値や血糖値のような数値はどうかといったのものも見てみるのもありですね☺️


例えば、以前よりも幸せな気分でいられる、笑うことが増えた、イライラしにくくなった、気分が落ち込みにくくなった、運動にネガティブな気持ちを抱きにくくなった、といったことです✨


これらのような体重計が示す数字以外のダイエットの成功、そして健康的な食生活による報酬を見つめることは、その方にとって大きな力となるはずです


体重計が示す数字をコントロールすることはできませんが、行動についてはコントロールできます


本当に大切なのは、自分はどのように食べているか、そして食べ物との関係性はどうか、自分の身体についてどう感じているかといったことを正しく認識することが重要です🤗


健康的で自然に即した行動であれば、本来、それに対して身体が嫌悪感を抱くことはありません


何歳であっても、今は健康を改善する「旅の途中」です

自分自身にもっと思いやりを持つことの重要性を再認識することが大切ですね😌


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page