検索
  • 堀川 奨

睡眠がダイエットに及ぼす影響とは?

私たちは1日の中で必ず睡眠をとりますが、睡眠不足によって身体に影響が出てきます☝️

体に影響を与えるホルモンとは…

①レプチン

脂肪細胞から分泌されるホルモンになります。食欲を抑制し、エネルギー代謝を活性化させます。


②グレリン

胃から分泌されるホルモンになります。こちらは成長ホルモン分泌促進作用を持ち、食欲を増進させるホルモンになります。


③コルチゾール

トレーニングをしている方々はとても恐れるホルモンの1つだと思います。こちらは'ストレスホルモン'と呼ばれ、タンパク質の合成抑制や脂肪の蓄積などに働くホルモンになります。体を守るために分泌されるホルモンですね!

皆さんは夜更かしなどしていると、凄くお菓子が食べたくなったり油っこいものを食べたくなったりしませんか?

私は夜遅くまで起きていると、無性に何か食べたい欲に襲われます…。


睡眠不足は①のホルモンが減り、②と③を増加させてしまいます💦 食欲が増加するだけでなく、脂肪の蓄積や筋肉分解まで引き起こすのです。

筋肉量が減れば、その分代謝も落ちることになり痩せにくい体へと変わります。

しっかりと睡眠をとり、次の日を迎えることもダイエットでは大切になりますね✨


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示